〈ログイン〉

メールアドレス(またはユーザーネーム)とパスワードを入力してください。


Username

Password




革を知り尽くす熟練職人の手による革製品、その情熱と誇りの結晶

HOME -> ピエロトゥッチの土壌:ピエロトゥッチが作り出す皮革製品、そのバックグランド

ピエロトゥッチの土壌

ピエロトゥッチが送り出す皮革製品、そのバックグランド

 

バックグラウンド

人類は皮を“なめす”という技術の発見から、「革」という素晴らしい素材を生み出しました。
イタリア・トスカーナ。世界のバッグメーカーの1/4がファクトリー展開をしているとまでいわれる地方。それほどまでの成長ぶりは、フィレン ツェを中心とするトスカーナ州の歴史なくしてはありえなかったといえるでしょう。
11~12世紀頃よりトスカーナではすでに革をなめす高度な技術が確立します。豊かな自然を誇るこの地方では、革をなめすのに必要なタンニンを樹木から豊富に抽出することができたとい うのがその理由。中世には、教会で使う聖器や宝石を入れる箱に革素材が使われ、金箔の刻印で美しく装飾がなされました。革なめしギルドも厳しく管理されており、なめし技術は親から子へ、一子相伝の技として継承、また、粗悪と評価される革をなめした職人は罰せられることすらあったといわれます。
ルネッサンス時代には、フィレンツェの街を流れるアルノ川の右岸やヴェッキオ橋に、ミケランジェロやボッティチェッリなどの工房と軒を連ねた革職人達がヨーロッパの最先端技術を誇り活躍、ヴァザーリの歴史書にもその事実が記されます。フィレンツェの職人達は芸術家と同等の立場で仕事を進めていたのです。
ルネッサンス時代から脈々と現代にまで続く美意識 、これこそ花の都フィレンツェを語るにふさわしい言葉でしょう。この街にはまた、中世の時代から受け継がれてきた皮革縫製技術と、それを頑なに守り続ける職人気質が息づきます。芸術を愛し、伝統を重んじ、本物だけしか認めない、常に文化の中心として存在し続けた街、フィレンツェ。
こうした土壌がピエロトゥッチの優美な気品と高いクオリティを育みました。最高の物を求める人と最高の物を作る人との架け橋となるピエロトゥッチが、伝統に培われたフィレンツェの美意識と職人の情熱をお届けします。

 

創 造

ピエロトゥッチ製品を特徴づける力は、専属デザイナーとパタンナーの創造性にもゆだねられます。デザイナーの発案を実際の形へとしていくパタンナー、クラシックスタイルから、機能的でありながらはずし要素も加えたスタイル、という今の時代に要求されるアイテムへも、イタリアのもつ美意識と独創性をもとに柔軟に対応していきます。感度の優れた創造性と、それに応じることのできる完璧なる熟練技だけが育む美しい製品をピエロトゥッチは創り上げます。

 

技 術

厳しい品質チェックを受けた一枚の革は、贅沢にも中央部分からカッティング、手作業による縫い合わせが自社工場内にて行われます。
手縫い作業の1つとなるサドルステッチは馬の鞍を縫製するために生まれた伝統技法、太糸を使い菱針で斜めに刺される限られた熟練職人だけの技、その堅牢さと正確さが狂うことはありません。長年に渡り改善が繰り返されたハンドル取り付け部分の強度にも、革で補強されサドルステッチで縫い留めるという確かなものとなりました。
エッジ部分は蜜蝋を塗り熱処理で押し固めるという艶を帯びた美しい仕上げです。
また、内縫いとはマチの合わせを芯を包んだ革とともに裏から縫い付け、バッグ本体をひっくり返すことで両サイドに丸みのあるソフトなラインをつくるタイプ。この内縫い技法も経験を積んだ熟練の職人だけが成せる技。天候や湿度を見極めつつ素材となるカーフレザーを何度も揉みほぐすことで更にしなやかにし、手元の微妙な調整で縫製の針を進めます。自社ブランドとなるトスカネッラでは、従来バッグ内部にくる、芯を包む革の合わせ部分を外に出し色留めをするという独特の手法を使います。

 

品 質

品質に対するこだわりは皮選びから始ります。厳選を重ねた素材、秘伝の革なめし、熟練の縫製技術と道具。職人は長年使い込んだ道具を片時も手放しません。
昔と変わらぬ技法を継承、大量生産を行わず、1つ1つ手作業により丁寧な製品製作をしていくピエロトゥッチレザーファクトリーだからこそ、安心して商品をお選びいただけます。

 

 

工場内で働く職人さん、その作業風景や道具も覗けるフォトギャラリー