275ユーロ以上で送料無料。自社ブランド製品にはネーム入れ無料サービス。
来店/工場見学の予約

マルコ・ジュスティ:革工芸がアートになる瞬間

フィレンツェの丘陵地における革のアート

Marco Giustiは18世紀後半からトスカーナの主要な素材である革の象徴となっているすばらしいキャンティの丘に住んでいます。

粘土や大理石のような昔からの素材は、その長く複雑な加工のためでさえ、最高レベルの職人技を完璧に表しているという彼の仕事の考えに完全には合いませんでした。

実際の工程では最初のステップで作品の内部構造は準備図面に基づいて互いに接着された革の切断を使用して作成されるます。この実際のプロセスは彫刻の概念を書き換えます。

この構造は革の一片を保持するのに十分安定していなければならないのでとても難しいのです。後に最小細部で主題はモデル化され、第三段階と最後の段階では油色で塗装されます。

疾走する馬は、型の助けを借りずに、手作業で天然皮革を何年もかけて加工する必要がある作品。 忍耐力とまれな器用さは馬の並外れた動きによって特徴つけられています。

フリージアンホースは22か月の作業を必要としました。そして革のわずか3ミリメートルの厚さの革を用い動物の解剖学的視点から忠実に生きた馬を再現。油絵の木の背景と革で覆われた木枠は、背景と駆け抜ける馬、視覚的インパクトの作品を美しく完成させます。

フィレンツェとメディチの歴史、そして革の巨匠の古代芸術を描いた絵が描かれた木製のベース。家の中に置くだけで存在感のあるインテリアアクセサリーです。

コレクションの中には日常生活で気軽に身に着つけられるアイテムもあります。ブレスレットネックレス。さらにネクタイ蝶ネクタイは多彩な革から作られています。

・ワニ

・パイソン

・シカ

・ナッパ

フィレンツェの革職人マエストロMarco Giustiは、ミラノとフィレンツェの数多くのアートギャラリーで作品を展示、特にパラツォ・コルシーニとスタツィオーネ・レオポルダのアルティジャーノ展覧会の革の彫刻の分野では卓越した存在として多くの人々から評価されています。