高品質の革と天然素材


ピエロトゥッチ製品に使用する革種類と素材

  • フルベジタブルタンニングレザー(天然皮革)
  • フルグレインレザー
  • 高品質トップカーフスキン
  • 高品質バケッタレザー
  • ソフトグレインエンボスカーフレザー
  • クロコダイルプリントスエードヌバックカーフスキン
  • 高品質ナッパラムスキン(バッグ、ジャケット、ウエアー用)
  • ハラコレザー(「カヴァリーノ」と呼ばれます)
  • 100%コットンキャンバス
  • 100%コットン裏地

鞣し革の生産地

ピエロトゥッチが使用する革はトスカーナのタンナーから仕入れています。トスカーナの革鞣しの伝統技術を受け継ぐ250以上の皮なめし工場があるヨーロッパで最も重要で最大の皮革加工地区の1つ、フィレンツェから数キロ離れたサンタクローチェスルアルノ。 ピエロトゥッチで使用する革の90%はこのサンタクローチェスルアルノの工場の革です。

革の経年変化

牛革の革製バッグやアクセサリーの品質と信頼性を本当に理解するには、時間をかけて試してみるだけです。実際、なめした直後は、化学的になめした革と植物で処理した革を区別するのは簡単ではありません。 その自然さの唯一の説得力のある証拠は、壊れることなく美しく老化する能力です。 本革は毎年色相が暗くなり、変形したりしますが、壊れることはありません。 ピエロトゥッチのベジタブルタンニンレザー(植物染め)の革製品は古くなっても劣化しません。


サステナビリティ

牛革を生産するために特別に殺される動物はいない。 ピエロトゥッチが使用する皮革は、畜産副産物のみに由来しており、使用しなかった場合は深刻な処分問題を引き起こす可能性のある革を利用しています。

ピエロトゥッチは100%植物性のなめし革を使用。 これは、クロムや人や環境に有害な物質が使用されていないことを意味します。 アゾ染料、ニッケル、ペンタクロロフェノールなどの有毒物質の禁止は、重金属にアレルギーのある人でも十分に許容されるバッグや革小物の日常使用に関連する不耐性のリスクを軽減します。 さらに、その化学的生物学的特性のおかげで、植物性なめし牛革は簡単に処分することができます。

皮革加工に使用される物質のほとんどは、他の分野でも回収、加工、再利用されています。 たとえば、生皮から除去された毛は農業で肥料として再利用され、浄化過程で発生した浄化装置に残るスラッジ(沈殿物)はレンガの製造に再利用されます。

歴史的メモ

植物のなめしの芸術は、先史時代の起源を持ちトスカーナ全体に広がりました。その後、エトルリア人は靴や衣服、道具や宝石の両方の作成のために革加工で高度に進化した人々でした。 その並外れた進化のおかげで、牛革は羊飼い、農民、兵士によって使用されるようになりました。 古代ローマの兵士が装着したサンダルや革の馬具はあまりにも有名です。

鞣しのプロセスには、中世とルネッサンス時代にすでに厳格な規則がありました。 それらは、フィレンツェ共和国の発足以来、Arte Minore dei Cuoiai(Tanners Guild)法令によって設立されました。 この法律は、植物から抽出されたタンニンを混合し、手作業で革を手作りするという何世紀にもわたるプロセスの継承者である熟練した職人たちのためのものだったのです。